読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナリオ・ライフハック Vol.2

~あなたの人間力を高めるブログです

コマ回しから教育論~百回練習する


今日は甥のことについて書いてみようと思う。

妹の息子・裕章は、当時、小学4年生。

お正月に、こんな会話をした。


「おじさん、コマを手に乗せれる?」

「うん、乗せれるよ」

「やってみて」

その時、私は37歳だ。

小学生のころ以来なので、一瞬(できるかな)と思ったのだが、難なく乗せられた。

「ほら!」

「あーん、裕章も乗せたい」

「練習すれば、乗せれるようになるよ」

「裕章も、百回くらい練習したら、乗せれるようになるかな?」

「!」


私は、裕章が言った、この「百回」という言葉に驚いた。

練習といえば、2、30回だと思い込んでいたのである。

甘かった、と私は思った。


裕章は、大変、頭の良い子で、

(<知識>でなはなく)<知能>では私よりも勝っているのではないか、

と、ときどき、思う。


さて、その裕章だが、百回、練習した後、

コマを手に乗せられるようになっていた。

さらに、手に乗せられるだけではなく、

コマの綱渡りもできるようになっていたのである。

これも、百回、練習したのだろう。


私のコマ回しと裕章のコマ回しから、次のことが導き出せる。

それらは、


(1)『小学生のときにできるようになったことは、37になってもできる』

(2)『小学生でも、百回、練習すれば、できるようになる』


ということである。


極論かもしれないが、私は、このふたつの意味において、

小学生の段階から始める英語教育に大賛成である。


基本となる例文を百回ずつ口に出して練習していけば、

もう何も怖いものはないと思う。


人気blogランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ