読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナリオ・ライフハック Vol.2

~あなたの人間力を高めるブログです

煙草の広告の注釈~自分で責任とってください


「なんだろう?」

前々から気になっていた。

電車の中で、ある広告を見るたびに思っていた。


煙草の広告の下段にある、異様に大きな文字の注釈だ。

白地にかなり大きなポイント数の文字で記されている。


とある雑誌の中央の、見開き広告のページには、

次のように書かれていた。

KENTの広告の注釈である。


  喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つ

  となり、

  心筋梗塞脳卒中の危険性や肺気腫を悪化させる

  危険性を高めます。

  未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこ

  への依存をより強めます。

  周りの人から勧められても決して吸っては

  いけません。

  人により程度は異なりますが、ニコチンにより

  喫煙への依存が生じます。


「こんな大きな文字で注釈して…」。

何故、こんな格好悪い広告にするのか、

グラフィックデザイン出身の私には、理解できなかった。


最近は、広告だけでなく、煙草のパッケージにも、

同様の大きな注釈がなされている。

CABINのパッケージの下段には、

四角で囲んで次のような注釈がなされていた。


  妊娠中の喫煙は、胎児の発育障害や早産の

  原因の一つとなります。


その裏面には、またも、


  喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つと

  なります。


とある。


これらの注釈は、一体、何を意味するのであろうか?


長い間、悩んだあげく、

――3年は悩んだのではないだろうか?――

最近、その理由が、やっと、分かった。


こういうことである。


「注釈を大きくしてまで、警告しましたからね」

「肺がんになろうと、胎児に影響がでようとも、

 どんな病気になろうとも、

 全てあなたの責任で対処してくださいよ」

  

――という、

日本たばこ産業株式会社からの警告だと思うのだ。


それでも煙草を吸い続けたいという人――

病気の責任を、自分でとれるのだろうか?


人気blogランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ