読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナリオ・ライフハック Vol.2

~あなたの人間力を高めるブログです

英語学習~教科書二冊


兄と私は、中学時代、

二種類の教科書で英語を勉強した。


二人とも、私立中学に通ったので、

その地域の公立の中学の教科書とは

異なる教科書を学校で勉強していた。


そして、兄も私も、中学のとき、補習塾に通っていた。

補習塾で使っていたのは、公立の中学の教科書である。


つまり、合計二種類の英語の教科書を

勉強することになったのである。


ある日、私は、先生に相談した――

「教科書が学校のと違います…」

すると、塾の先生は、こうと答えた――

「教科書を二種類やったら、絶対、力がつく!!」


「よし、じゃあやってやろう!

教科書、二冊、やってやろう!」

と、私は思った。


兄が、どう先生に説得されたのか、私は知らない。


が、とにかく、兄も私も、三年間、

学校と塾で別々の教科書を勉強したのである。

毎回、教科書ごとに予習、復習をして、である。


中学の英語の教科書の内容は、

大体が、<お話>になっているので、

私たち二人は、二種類の<お話>の中で、

単語や、文法や、構文を学んだことになる。


大学で数学科に通った兄は、

この方法のおかげか、

数学の教員免許だけでなく、

英語の教員免許も取ってしまった。

そして、私も英語が得意になった。


私立中学へ子供をやるには

経済的にちょっと無理という方々も、

考え方をすこし変えれば良い。


教科書の違う私立中学へ通わせることはできなくても、

教科書の違う他地域の塾へ通わせることはできる――と思う。

言わば、塾の越境だ。


この方法は<必殺>であるので、

あまり、人には言わないように。


教科書越境――

させてみません?


人気blogランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ