読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナリオ・ライフハック Vol.2

~あなたの人間力を高めるブログです

普通にやるというのはテクニック


前回同様、キャンパス誌づくりの話。


学生時代に、キャンパス誌を作っていたことは、

書いた。(『青が違う~「晴れた沖縄・青い海」』、2007年3月6日)


私は、アートディレクターを務めていた。


3年の終わりに、新人アートディレクターに業務の引継ぎをした。

一通り、説明し終わった後に、私はこう聞いた。

「だいたい、こういうことだけど、何か聞いておきたいことある?」


新人のYアートディレクターは、聞く。

「こういうときは、どうすればいいんですかっ?!」


私は、答える。

「普通にすればいい」


新人アートディレクター・Y君は、尚もたたみ掛ける。

「それじゃあ、こういうときは、どうすればいいんですかっ?!」


私は、答える。

「普通にすればいんだ!」


横で聞いていた編集員たちは、どんなに面白かったことだろう。

テクニックを教えると言いながら、

「普通、普通」と言っているのだから。


私が手を抜いて教えていたわけでなく、

「普通にする」としか、答えようがなかったのである。


ドラえもんひみつ道具」(また、登場!)に、

「仙人らくらくコース」というものがあった。


「仙人ロボットが出てきて、

仙人になるための修行をつけてくれる」ものだ。(1)


その中には、雲に乗るという修行も含まれていた。

しかし、のび太君は、なかなか、雲に乗れないでいた。

そんなのび太君に、仙人ロボットは、こう言う。

「普通にやればいいのじゃ!」


普通にやるというのはテクニックなのだ。


 (1)http://www.dsdb.jp/tool/a-frame.html 

   2007年3月9日。


                            (城田 博樹)


人気blogランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ