読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナリオ・ライフハック Vol.2

~あなたの人間力を高めるブログです

疲れる太極拳


太極拳を習っていたことがある。

太極拳教室にいたのだ。

太極拳の中でも、二十四式太極拳というものを習っていた。


1年経って、先生と同じように一通りの動きができるようになった。

近くの体育館で開かれる太極拳大会に見学にも行ったりして、

身に付けた。


しかし、一通り太極拳をやると、思いっきり疲れるのだ。

先生の動きを、たまに見るだけでできる程度に上達しても、だ。


あまりに疲れるので、教室が終わった後、休憩室で、30分、

寝込んでいたぐらいだ。


先生の話によると、確かに、<スジの良い人>はいるとのことだった。

仮に私がスジが悪いとしても、1年経っても疲れる

というのは、異常だと思った。


何故、疲れるのだろう?


2、3冊、太極拳の本を読んでみた。

全部に同じように書いてあったのは、

「太極拳は武術だ」ということだ。


ちょっとウィキペディアを引用してみよう。


  太極拳(たいきょくけん)は中国の長い歴史の中か

  ら生まれた中国武術の一つ。緩やかで流れるように

  ゆったりとした動きが特徴であり、健康、長寿にも

  良いとされ、中国などでは朝の公園などで集まって

  練習している姿も見られる。武術が持つ一般的な激

  しいイメージとは対照的に、コントロールされたゆ

  っくりとした動きを多く含む。(1)


疲れるのは、太極拳が健康や長寿にも良いという前に、

<武術>だっただからだ。

疲れて当然なのである。


そんなことが1年かかって分かったのだ。


あ~、書いているだけで疲れてきた。


 (1)「太極拳」、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』、

   2007年3月26日。


                            (城田 博樹)


人気blogランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ