読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナリオ・ライフハック Vol.2

~あなたの人間力を高めるブログです

普通に喋り、普通に歩く~それが嫌なら読み・書き・そろばん


俳優・仲代達矢氏が主宰する無名塾の目標は、

「普通に喋り、普通に歩ける」ようになることだと聞く。


この二つを練習すれば役者なみになれるのだ。

練習して損はないだろう。

あなたもやってみよう。


自分の不得手なほうだけ練習しよう。

私は、両方、不得手であったので、結局、両方、練習した。


「普通に喋る」ために、新聞小説を声に出して、毎日、読むといい。

2回、読むといいだろう。一日10分くらいである。

お喋りな癖がついてもいけないので、5年くらい続ければいいだろう。


あるモデルが「後ろ髪引かれるようにして偉そうに歩くといい」

と言っていたので、「普通に歩く」ために、

私はそのように練習した。


喋る練習も歩く練習も、嫌だと言うのなら、

読み、書き、そろばん(計算)に習熟してはどうだろう。


「読み」の練習は、前述の通りやれば問題ないであろう。

「読み」の練習として、夏目漱石を、<全部>、読むという方法もある。

ほとんどの図書館で漱石全集を置いているので、

<タダ>でできる。


「書く」のは、mixiなどのSNSに<日記>を書くのがいい。

パソコンで日誌をつけるのでもいいだろう。

<漱石読破>は「必殺」で、「読み」だけでなく、

「書く」ほうにも効果がある。

読むだけで「書く」ための練習効果があるのだ。

私は、「書く」練習のために買った

『日本語練習帳』という本をやらなかったほどである。


そろばんは、エクセルが使えるようになるといいかもしれない。

小遣い帳をつけることでもいいだろう。


頑張ってやってほしいものである。


(私は<漱石読破>に二年かかった。読むのが速い人なら、一年半で

できるかもしれない)


人気blogランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ