読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナリオ・ライフハック Vol.2

~あなたの人間力を高めるブログです

教授が上手に両手を自分の膝に置く


NHKの番組で、テーマを決められて、

坂本龍一<教授>が、曲を作ったという。


ちょうど、「エナジー・フロー」という

シングルがヒットした後だったと思う。


テーマを、2曲にまとめたという。


坂本龍一<教授>は、シンセサイザーで演奏を始めた。


1曲目の終わりには、気付かなかったのだが、

2曲目の終わりに、最後の音を弾いた後、両手が宙に浮いたことに気付いた。


「どうするだろう?

 宙に浮いた両手を、この後、どうするのだろう?」

と私は思った。


<教授>は、迷わず、両手を「膝の上に」置いたのである。


「さすが!」

と私は思った。


2秒後に、

「当然か!」

とも思った。


手を「膝の上に」置く行為を、坂本<教授>は、

何回、練習したのだろう? と私は感じた。


何百回?

何千回?


練習だけでなく、コンサートも含めれば、

何万回?


弾き終わった後、シンセサイザーのキーに不用意に手が触れたら、

曲の印象は台無しになってしまうのだろう…。


「一流のキーボード・プレーヤーだ!」

と思うようになった。


以後、私は、坂本龍一<教授>の動向に、注目するようになっている。


                            (城田 博樹)


人気blogランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ