シナリオ・ライフハック Vol.2

~あなたの人間力を高めるブログです

狭い広いの裕美(最終話)


土曜日。

夜10時。

走る乗用車。

拓郎(30歳)と、裕美(28歳)が乗っている。

道はあまり混んではいない。


「今日、たっくんのお母さん、さすがだって思った!」


「なんで?」

拓郎、助手席の裕美のほうを見る。


「ちょっと、ちゃんと前見て運転してよ!」


「ごめん。ごめん」


「最後に、柿を出してくれたでしょ?」


「それがすごいの?」


「一人暮らししてると、柿って食べないのよ」


「そういうものなの?」


「柿って、果物屋さんで、ひと盛り、ふた盛りで売ってるでしょ?

 だから、一人暮らしの人は買わないのよ!」


「そんなに久しぶりだったの…?」


「5年…、ひょっとしたら、10年振りかもしれない…」


「裕美、学生の頃から、一人暮らしだったもんな」


「家族で暮らすと、こんなものが食べれるんだなーって思っちゃった!」


信号で車、止まる。


「じゃあ、結婚する?」


裕美、運転席を見て、微笑みながら、

「そんなプロポーズってあり?」



投稿者 : 城田 博樹 | 投稿日時 : 2007.06.27 21:06


人気blogランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ