読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナリオ・ライフハック Vol.2

~あなたの人間力を高めるブログです

立体の授業


美術学部に入学した私が、最初に直面した問題は、

「立体の授業」だったと思う。


1年生は、50音順に3クラスに分けられ、

基礎的なことを学んでいく。

3クラスとも、ひとクラスの中には、

油絵、日本画、書道、グラフィックデザイン、生産デザイン、建築デザイン等

――専門が異なる生徒たちがいた。


彫塑の授業をひととおり受けた後、

私たち2組が「立体の授業」に取り組んだ。


「立体の授業」は、はっきり言って、難しいものだった。

私たちは、いきなり、<折り紙建築>の課題をやらされたのだ。


半分、アソビのような課題ではないか? 

と思うだろう…。

しかし、あなたは、作る側に立ったことがあるのだろうか?


基本的な作り方を、先生に教わって、

それぞれ、自分の作品に取り組む。


十何分かして、女の子が、突然、声を上げた。

「できません!!」


油絵専攻の女の子だった。

「全然、思い浮かびません!」


泣き出してしまった。


私も泣きそうだった。

「立体」にどう取り組んだらいいのか、

全く、分からなかったからだ。


先生は、女の子に説明した。

「大まかな所から作っていけばいいんだ!」


私は気が楽になった。

「何だ、<英語>の5文型と同じじゃないか!

 英語の<文型>のように、大まかな所を作ってから、

 やっていけば、いいのじゃないか?」


私は、泣かなかった訳である。



投稿者 : 城田 博樹 | 投稿日時 : 2007.11.30 17:14


人気blogランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ