読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナリオ・ライフハック Vol.2

~あなたの人間力を高めるブログです

バリアフリーでなく、ユニバーサルデザインでなく

とある一級建築士が、集計しました。
私の友人です
(ちなみに、私はグラフィックデザイン出身です)。


「どうでしたか?」と私。
体の不自由な方たちは、自分の家の建て付けに、特に、
不満はないとの事。
「じゃあ、どうしろって言うんですか?
 バリアフリーは、どうなるんですか?
 ユニバーサルデザインは、どうなるんですか?」


要は「普通の人と同じように動けるように成りたい」
そうです。
緩いスロープを歩きたいのではないのです。
足が良くなりたいのです。
点字を読みたいのではないのです。
眼が良くなりたいのです。


求められているのは、バリアフリーでも、
ユニバーサルデザインでもなかったのです。
建築士やデザイナーの出る幕ではないのです。


別の時に、別の所で、こんな事を聞きました。


「他のフロアと同じように、薄く『音楽』(BGM)を流して欲しい」
という年配の方々の望みです
(<体の不自由な方々>の望みと考えても良いでしょう)。
何と彼らの心の安らぎは、『音楽』(BGM)で得られるのでした。


求められているのは、
一級建築士でもなく、グラフィックデザイナーでもなく、<薄い音楽>を作れる『音楽家』だったのです。


あまりに意外な結果なので書きました。


最後に、私は聞きました。
「僕ら、何をしたらいいんでしょうね?」


投稿者 : 城田 博樹 | 投稿日時 : 2009.01.12 9:56