読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナリオ・ライフハック Vol.2

~あなたの人間力を高めるブログです

暗越奈良街道(くらがりごえならかいどう)


市の広報誌に、奈良街道についての記述があった。


家の近くの道だったので、行ってみることにした。


石の道しるべを見ていると、30歳くらいの男の人が話し掛けてきた。
当時、私は、15歳。


「これ、何ていう道か、知ってる?」


「『奈良街道』って書いてありましたけど…」


「正確には『暗越奈良街道』という。奈良街道は何本も通っている」


「へぇ、そうですか!」


「今のうちに、いろいろ見とく方が良いよ。
 君が僕ぐらいになったとき、もう、こういうのは
 無くなっているかもしれないよ」


(それもそうだ!)と思った。


無事、志望高校に合格した私は、両親にサイクリング車を買ってもらった。
サイクリング車で、奈良の寺と神社を見てまわることにした。
飛鳥の遺跡も見てまわった。


奈良の寺や神社や遺跡は、ほとんど見てまわった。
奈良県に3つの世界遺産が登録される何年も前だった。


「ほとんど――」と言ったのは、
ある女人高野の寺を見なかったからだ。
「女人高野だから、まぁいいか」と思っていた。


恐れていたことが起きた。
平成10年、女人高野の室生寺が、台風の被害を受けたのだ。


五重塔がやられてしまった。
本来の五重塔が、もう、見られなくなってしまったのだ。


「あの男の人」の言っていたことは、正しかった。
無くなりはしなかったのだが、
本物の五重塔は損傷を受けてしまって、見られなくなってしまったのだ。
残念。


奈良の大部分の寺や遺跡を見て思ったのは、
「ここが見たいのに」と思ったところは、
宮内庁の管轄で、見られなかったことだ。


立札の前で、いつも私は、こう言ったものだ。
「にっくき、宮内庁め!」


投稿者 : 城田 博樹 | 投稿日時 : 2009.03.15 21:17