読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナリオ・ライフハック Vol.2

~あなたの人間力を高めるブログです

言ってはいけない「しんどい」と


どんなに疲れていても、「しんどい」
と言ってはいけない。
顔に疲れが明確にあらわれていても、だ。


あなたの部下は、あなたの顔を慎重に
覗き込み、聞いてくることだろう。
「しんどい、ですか?」


この質問に「しんどい」と答えてはいけない。


言った瞬間、あなたを見限るだろう。
気をつけなければいけない。
部下は、次の日から、あなたの言うことを
きいてくれないだろう。


誘導尋問なのだ。
引っかかってはいけない。
部下は絶えず、上司を試したがっている。


しんどそうな表情と「しんどい」という言葉をセット
にしてはいけないのだ。<強烈な印象>となって部下に伝わってしまうだろう。


せいぜい「ちょっと暑いね!」か、「ちょっと寒いね!」
くらいにしておくべきだろう。
(もちろん、夏に「暑いね!」で、冬に「寒いね!」だ!)


部下は絶えず、あなたの表情や言葉に、
注意を向けていることを忘れてはいけない。
ほんのちょっとした変化にも気づくだろう。


私は以前「暑くて、しんどい」と言ってしまったために、
窮地に陥ってしまったことがある。


翌日から、部下の態度が変わったことは、言うまでもない。


天候の話だけに、とどめておこう。


投稿者 : 城田 博樹 | 投稿日時 : 2009.03.22 21:20