読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナリオ・ライフハック Vol.2

~あなたの人間力を高めるブログです

清水の舞台は高くない


先日、清水寺へ行った。

清水の舞台から、下を覗いてみた。

<怖い>と思った。


世界大百科事典には次のようにある。


  また有名な本堂の舞台は、観音に願をかけて

  その結願の日に、この舞台から堂下へ身を投げる

  と、所願成就ならばけがなく、否ならば死して

  成仏できると信ぜられ、古来投身者が絶えなかった。

  これにちなんで、死を覚悟して事を行うことを

  <清水の舞台から飛びおりる>ということわざ

  が生まれた。(1)


また、次のような記述もある。


  実際に舞台に立って下を見ると、とん

  でもない奇跡が起こらない限り、飛び

  降りたら最後「成仏」への道をまっしぐ

  らなのは明らかだ。つまりこの諺は「死

  ぬ気で頑張ってみる」という決意を表し

  たものなのだろう。(2)


しかし、


  (飛びおりの)記録は江戸前期・元禄七(1694)

  年から幕末の元治元(1864)年までだが、

  間に記録が抜けている分もあり、実際は

  148年分の記述が残っていた。未遂も

  含め234件が発生した。年間平均は1.6件。

  記録のない時期も発生率が同じと仮定す

  ると、江戸時代全体では424件になる計算

  という。男女比は7対3最年少は12歳、最

  年長は80歳代。年齢別では10代、20代

  が約73パーセントを占めた。清水の舞台の

  高さは13メートルもあるが、生存率は85.4

  パーセントと高い。10代、20代に限れば

  90パーセントを超す。(3)


という記述もある。


実際、帰りに、下から清水の舞台を見てみると、私の印象では――


「高くない」のである。

「怖くない」のである。


順路どおりに清水寺を歩けば、

帰りに、舞台の真下を通ることができるので、

その<高くなさ>、を味わってほしい。

自分が<怖がっていたこと>は、こんなに<高くなかった>のか

――と味わってほしい。

私は、この<高くなさ>を確かめたくて、

しばらくして、もう一度、清水寺に出向いたほどだ。


「怖いと思ったことも、後で考えると怖くない」

と悟らせるために、この舞台を作ったのではないか、と私は思っている。

今、感じている恐怖なんて恐怖じゃない、

と分からせるための舞台なのだ、と考えている。


思い切ってやってみれば大したことではない――ということである。


清水寺の境内では、縁結びの神頼みもできる。

願いをかけて、<飛びおりた>つもりで

好きな娘に告白するのもいいかもしれない。


なお、京都のお寺めぐりは、〔1〕銀閣〔2〕金閣〔3〕清水寺、の順

で行くといいと思う。


 (1)『世界大百科事典7』、1988年、平凡社

 (2)http://www.tabisora.com/kyoto/sakura/kiyomizu.html

2006年2月16日。

 (3)http://www2u.biglobe.ne.jp/~yamy1265/kyoto6.html     2006年2月16日。


人気blogランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ