読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナリオ・ライフハック Vol.2

~あなたの人間力を高めるブログです

迷ったら、ハイキーに


以前、このブログ内で、「<豪州日記> Vol.7 判断できない事を判断する」

(2007年1月14日)ということを書いた。


一つの提案として、選択肢を二つから、三つにするという見解を示した。

(「赤」、「白」、「ロゼ」という呼び名も、同時に示しておいた)


私は、それでも判断できないとき、何か安全策を取れないか? 

とも考えていた。


H社の友人・Yの意見を取り入れている。

写真好きなYの意見だ。


それは、写真を撮るとき、

「ローキーか、ハイキーか、迷ったら、ハイキーに」撮る、

ということだ。


「いいな」と私は、答えた。


ハイキーとは、写真用語で、

「明度の高い(明るい)部分が大半を占めた写真のことで、

全体に明るい調子を指す」(1)。


ローキーとは、その逆で、暗めの画面だ。


ローキーか、ハイキーか迷ったら、ハイキーに仕上げるのだ。


Yは、突然、電話で呼び出されて服装に迷ったら、

(ハイキーに)どんな店にも入れるような上品にまとめた服装をしてきた。


現S社のS君は、ある機械の予約を入れる際、

何時間、入れたらいいか迷ったときは、

「(ハイキーに)長めの時間、入れといたほうがいいよ」と言っていた。


私は、テレビをビデオ録画をするかどうか迷ったら、

(ハイキーに)とりあえず録画しておく。

観る必要がなければ、観なければいいのだ。


私は、この<ハイキー>の考え方を学生時代に教わった。

実際に使い出したのは、かなり後になってからだ。

あまりにも重要な考え方なので、「赤」、「白」、「ロゼ」と、

どちらを先に使い出したか分からないくらいだ。


「迷ったら、ハイキーに」ということを、最後に繰り返しておこう。

 (1)http://www.kiwi-us.com/~mizusawa/penguin/CAMEgloss/htmls/ha.html


                            (城田 博樹)


人気blogランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ