読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナリオ・ライフハック Vol.2

~あなたの人間力を高めるブログです

文具売場にて~阪神百貨店の良き伝統


阪神百貨店文具売場は、お気に入りの場所だった。


ある年に、新卒で入った緑色の瞳の女の子も、

私のお気に入りだった。


その子に会いたくて文具売場へ行き、

ボールペンを買う。


その子が聞く。

「ボールペンをお求めですね?」


私は、ちょっと、ムッとしてしまう。

(そんなの、見れば分かるではないか!)


お金を支払うとき、その子がわざわざ聞いた意味が分かる。

シャープペンシルをボールペンと間違えて購入する人がいるのだ。


彼女の質問は妥当だった。

頭の良い質問だったのだ。


別の時、

<耐水性の紙>が欲しくて、訪れたこともある。


風呂でアイデアを思い付くため、

どうしても<耐水性の紙>が欲しかったのである。


年配の店員が、

「あったかしら?」

と言いながらも探してくれる。


もう一人の年配の店員が言う。

「あった。そう言えばあったわ。

 システム手帳のリフィルで、<耐水性のもの>があったわ!」


即座に購入した。


年配の店員たちも親切だ。


  阪急百貨店と阪神百貨店が1日、共同持ち株会社

  「H2Oリテイリング」(大阪市北区)を設立して

  経営統合した。大阪・梅田に2つの本店を構え、

  連結売上高が5068億円(平成19年3月期単純合算)

  に上る国内7位、関西では最大の百貨店グループが誕生した。(1)


<阪神百貨店文具売場>――良き伝統が失われなければ良いが。


 (1)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071001-00000080-san-ind



投稿者 : 城田 博樹 | 投稿日時 : 2007.10.01 22:48


人気blogランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ